中古車ローンの金利と審査

中古車のローンは審査基準が緩いのか?

 

中古車でのローンでは審査基準がどうなるのかを紹介します。
中古車であってもローンはローンであり、審査基準はしっかりあります。

 

 

中古車に関してローンを組むことができる場合もあり、審査基準も当然あります。
中古車のローンでは審査基準が、通常の自動車ローンとは違うことが多く、
一般的に審査の基準は緩くなることが多いです。

 

ただ、ローンを組む場所によって大きく変わっていくので、しっかりとした確認は必須です。

 

中古車であると、安い場合が多いので、中古車ローンでは審査基準がそれほど厳しくならない可能性はあります。
審査基準としては、収入や、勤務状況など、通常の自動車ローンと大きく変わらないこともありますが、自己破産をしていたり、アルバイトであっても、審査に申し込める場合もあります。

 

そのため中古車を購入する場合、ローンを検討する場合、審査基準については、話をまずしておくべきであると言えます。
自分の状況を説明し、それでも審査に通る可能性があるのであれば、当然申し込んでおく価値はあります。

 

 

逆に断られてしまう可能性も当然あります。
どのラインで断るかというのは、厳しい場所、緩い場所があるので多くの場所で話を聞いてみると良いです。

 

新車に比べて条件が緩いというだけで、審査基準としては十分厳しいところも当然あります。
中古車に対するローンだからと言って、審査基準を軽く考え過ぎるのは良くありません。

 

まず、今自分が乗っている車がいくらくらいで売れるのか、
車一括査定で調べてみて、売値の予測を立ててから、新しく買う車のローンを考えて行きましょう。

 

車一括査定

なぜ中古車ローンで低金利は難しいのか

 

中古車でのローンは、低金利がなかなか難しい場合もあります。
そのような時に、中古車に関するローンでより低金利な方法を紹介します。

 

 

中古車としてのローンで低金利を期待したいという人は多いです。
しかし低金利というのは一般的に審査が厳しい傾向にあり、なかなか難しいです。

 

そのためフリーローンを利用するという手段があります。
フリーローンは金利が少し高いですが、審査の条件が少し甘くなることも多く、
銀行系の自動車ローンが利用できない人でも利用できるチャンスがあります。

 

銀行でもフリーローンをサービスとして提供していることがありますが、
銀行系よりも、信販系、消費者金融系のほうが、よりフリーローンとして、条件が緩くなる傾向があります。

 

中古車であると、ローンの額というのは底まで大きくならず、低金利でなくても負担を減らしていくことは可能です。

 

ですが、まず借りるということがなかなかできないのであると、ローンをまず組めないことになります。
中古車でもローンがないと厳しく、低金利の条件を付けてしまうと、借入先が見つからないことも珍しくありません。
そんな人にとって、消費者金融、信販系のローンというのは魅力的です。
ただ中古車に関するローンで、低金利をあまり期待できなくなるというデメリットもあります。

 

計画的な中古車に対してのローンへの返済が、低金利ではないフリーローンを利用する際の対応策ということになります。

 

ちなみに、信販系と消費者金融でどちらがお得かというのは、あまり差がないようであり、サービスや利用目的で決めていくと良いです。

車購入時のローンについての知識

頭金についていえば利用する自動車ローンに左右されますが、
とにかくいるものとなっているわけではありません。

 

ですが、頭金が準備できるなら審査においては効果的です。

 

 

自動車のローンと言うものを活用するなら、
頭金ゼロでも審査に通りさえすればローンを利用するのはできるのですが、
そのような時では毎月返していく金額とか支払いの総回数は増します。

 

最初に数箇所の中古車買取り業者に査定依頼をして、
愛車についてのどのくらいの買取り相場なのか知っておき、
下取り額と検討しちょっとでも高額で買い取りをしてくれる業者への売却をすると言うことになります。

 

 

 

 

新車購入を4月5月にするのは値引きを配慮するとあまり向かないシーズンでしょう。

 

年間で飛びぬけて車が売れていく繁忙期が過ぎたばかりなので、
ディーラーとか営業マンは気合が入りません。

 

 

ディーラーでは車を下取りした後中古車専用主催のオークションにかけます。

 

だけど買取のケースでは自社経営のお店でお客さんに直接販売できるので、
買取の額を高くしてもらえるのです。

 

 

 

 

営業所などでのノルマ達成間近になっているときとか、「あと○○台で今月のノルマ達成」などのときは、
大幅な新車値下げが実施されることも発生します。

 

状況やタイミングよるところが大きいでしょうね。

 

 

新車を購入する暁にはその前の時点で審査を申込むようしておいて、
審査に通った時点でどちらのほうでカーローン契約を結んだらよりよいのか
見極めて金利が安く済むほうでローン契約を結びましょう。

 

本来自動車ローン契約には、先に審査されることになりますが、
頭金があるほうが一層好条件のローンの審査でOKが出やすくなるでしょう。

 

 

ディーラーと言うのは下取りで買い取った車を、
直に中古車買取業の店へと売っているのです。

 

このことからも、下取りの際の車はその査定額と言うのは安いと言えます。

 

大手の各ディーラーならばほとんど対応可能な残価設定型クレジットの仕組みは、
購入金額の一部を最初の段階で「残価」と設定し、残った金額を分割で返していくというものです。

 

 

 

残価設定型クレジットとはどんなものかというと、
普段使うクレジット、或いはローンとは違って、
最初に3年後から5年後の買い取り補償額と呼ばれるものを決定します。

 

つまり、これがいわゆる残価になります。

 

 

 

 

 

毎月のローンの支払い他に、
かかり続ける自動車の維持費を払わなくてはなりません。

 

それについて考えて頭金を出さないと、
車維持が困難になってしまうかもしれないのです。

 

下取りしてもらう中古車の査定のときに下取り価格が高くなるために必要なのは、
車をベストコンディションで査定してもらうこと!配慮したい部分は車についたキズ、
そして臭い!なのであります。

 

車ローンの絶対条件として頭金が重要という事ではありませんが、
審査の際は少々影響すると意識しておきましょう。

 

 

 

頭金の金額が結構あると審査通過が楽になるわけです。

 

値引き幅が想定できないのに下取りを選ぶことより、
自分の愛車は中古車の買い取り店で買い取ってもらうようにしたほうが値引き幅もちゃんとわかり、
安心して新車を手に入れることが可能なのです。